ホーム > 未分類 > 断食療法のダイエット目的・効果

静養院断食療法のダイエット目的・効果2018.06.22

梅雨です
猫たちも憂鬱な日が多くなりますね

内から見ると

外から見ると

ところで断食療法においてのダイエットとは
体重目標ではなく体型(プロポーション)目標でと皆様にお願いしています。

簡単に言うと太ったと言うことはサイズが増えたわけです要するに
過剰栄養がお腹周りや太ももについてきたということですが・・・
それだけ肥る努力をしてきたということです!!!よ

したがって 「食べない無駄な動きをしない=冬眠」をする事で
溜めこんだ過剰栄養を生命を保つためのエネルギーとして燃やすので
蓄えたところの脂肪は簡単に燃えます・だって無駄に余ってるんですからね(^^(

ただ脂肪と言うのは体積に対して重さが軽いので体重が3キロしか減らなかったです
などと言われる事はあります、でも痩せたじゃないですかって言うとウエストは6センチ減ったんですが??と言うようなことは良くあるのです。
痩せたいのですよね サイズが!

体重の場合は疲れが取れたことによって浮腫みが取れるだけでも急激に[体重]と言う
重さは減り事もありますし大量の食を取っていた方が断食すると入ってこない分だけ
重さは減ったままと言うのはありますがそれは減量しているだけで、ましてや
断食中に過剰な運動などを行うと衰弱が起こり体重が急激に減って生命に危険を
もたらすこともあるので気をつけなければいけません。

そして断食後は体重が増えてある程度の範囲で安定してもウェストや太ももが断食を行った時とほぼ変わらないサイズで維持することができます。

それもまた体重重視で行うと疲れて浮腫んでしまっているのに必要な栄養を供給しない
など浮腫みを促進するかの様な事を行うことにもなります。

ダイエットや疲れなどいろいろなお悩みがございましたら電話でもご相談を受け付けますのでお気軽にご連絡ください
☎ 0743-73-2230  携帯 090-8144-3390
メールの場合はこちらもHPからメールください。
http://www.danjikiseiyouin.jp/