ホーム > 未分類 > 不調は何から?

静養院不調は何から?2018.10.21

だいたいの場合・・重要です心身に違和感があると病院にいくのですが、そこで症状を訴えると症状を抑える?治療するためのお薬をいただきます。それで3・4日または1週間ほどで治ると良いのですが、なかなかそういう風に行かない場合も多くだんだんと・・・この薬を飲んでいるから健康だ?と思っている人も多いのではないですか!薬を飲んでいる限りは健康でない改善していないので飲んでいると言うことを忘れてしまします。例えば血圧が高くなったので降圧薬を飲まなければいけないと言われ飲み続けていると薬の量を減らしていける場合は良いでしょうしかし飲み続けなければいけない場合や量が増えるあるいは効き目の高い薬になっていくようでは状況が改善しているとは思いません。心臓や同期に疾患があるような場合は仕方ないとしてまず血圧が高くなってきた時期はいつかどういう環境にあったかが重要になりますが不調を訴え病院に行った時はすでに血圧が高い状態になっていたと言うことです。高くなり不調を感じるまでは少しづつ不調になっていく過程があるはずです。例えば徐々に体重が増えて来ていた 塩辛いものが好きだ 仕事や家庭にく撮れすや緊張感が絶えないなど日常生活んの異常を認識していない無意識のストレスが蓄積することで血圧を上げる要因を続けて来たということが言えます。断食療法は食事を改善し肥満を解消すれば 緊張感をほぐし血管を広げれば デトックスして血液をサラサラにすれば血圧が改善できる可能性も高くなります。同時に内臓の休息 心の休息 肉体の休息を行えるので血圧だけでなく心身全体のリセットができ不調を改善できます。自然療法ですから薬物も使いませんし食に拘ることもリバウンドもありません、健康であるからこそ何でも美味しくたべバランスが取れた身体や心ができます。「何もしない事をする」・そして不調を認識し改善する全てを休ませたとき断食反応  によって初めて自分の不調の原因を納得できるはずです。