ホーム > 未分類 > サプリ・健康食品・スポーツジム・・・必要?

静養院サプリ・健康食品・スポーツジム・・・必要?2019.09.6

静養院です。

突然ですが
健康のためにお金を使うって必要でしょうか?

もちろん医学的に不健康。不調を促進させないための物も有りますが
サプリや健康食品・負荷をかけるとレーニンが必要なのか?

私の父は90歳になりますがサプリや健康食品ましてやとレーニング等全くしていません
ただ血圧は少し高いようで降圧剤は服用しているようですがとても元気で。
入所中に方々もとても驚かれています。

特に何をするという事もないですが毎日の生活で坂道や階段(この辺りは山腹なので)の上り下りを日常的にしているので心肺機能や足腰も自然と衰えない運動(生活運動)をしていますし、まだまだ元気で車でを運転し釣りにも出かけたりして健康な状態でいます。

そもそも不健康にや不調に対してまず対処と思ってしましがちですが、何故不調何だ
考えてみればいつから?何が要因になっているかなどを考えもしなしで対処を求めに
言っているのではないですか。

例えば太った===運動不足か?
いやいや原因は 太るためには努力して食べているはず
何故食べることに 数ヶ月前から心配事が 仕事の・恋愛の・・ストレスで追加食している?
この場合は運動して痩せるよりもまずその要因の解決と痩せることより維持できる事が
必要ですまず要因の解消ができてから何センチ痩せれば良いかの目標を立てましょう

なぜなら太るとは㎏ではなくCmサイズだからです。
重さとサイズはまったく違うのですが殆んどの場合同一に見てしまし減量だけに目が行きますね。
重くなる場合は浮腫みや筋肉がついても重くなりますが、太るとは過剰栄養分の蓄積で
脂肪と着くのですが脂肪は軽く体重にはなかなか現れないので油断すすのでしょう
普段からパンツやスカートなどのきつさを気にしていれば気がつくはずなのですが。

ですからスポーツジムに通う事を思うと地下鉄やオフィスやデパートの階段を積極的に使う事で日常運動を高めるとかウインドウショッピングに時間を使えば済みますね。
経済的だけではなく日常的な時間の節約と疲労の権限がも同時にできるのです。

その他の体調不良に関しても精神的な不調や肉体的な不調が過剰に或いは無意識に溜まって起こっている場合が多いのですが「何かをする努力」「何もしない努力」
が有って修正できるのですが何か努力をしていると、それが普通の日常となり頑張っていることを忘れてしまいそれ以上に努力をすることになり益々ストレスと感じないストレスを溜めることで心身のバランスが崩れてしまうのです。

そこで病院にって症状を訴えお薬を処方され少し良くなりますがお薬を服用しなしと
調子が悪い・・・・これって治っていません!
例えば
不調の原因は半年前までにハードワークにあるのであれば半年前までの疲れをどう解消するかお薬ではできません。

やはり「何もしない」と言う事をする必要が有るのです「何モしなくていい状況」
とは時の通り何もしなくていい訳ですから、脳の緊張や肉体的緊張も和らぎ本能的な反応が出ますので、とんでもなく長い間寝てしまう(実際に普段は5時間で充分その方が調子が良いと言ったおられるような方でも入室後スーツもまま寝てしますような方もいらっしゃいますし3.4日いつお声かけをしてもまた寝てましたと言う方)もまれではありません

断食療法と言うのは何か一部分を良くする訳ではないのですが不調な個所や過剰なものを取り除き解消して元の正常な状態にリセットする健康療法です。

健康な状態になってからは不健康になる原因を理解し必要なサプリや健康食品など
日常運動を中心に趣味のスポーツ トレーニングは楽しむことは重要でしょう。
事前治癒力 生命力 自己免疫  心のバランス が自然調和として起こる事で健康になる元を高めましょう。

健康ならば「何でも美味しく食べ仕事も遊びも楽しめて健康なのだから健康のために何もしなくて良い状態を維持できるようにしましょう。