ホーム > ブログ

静養院静養院の断食療法は50年前の昭和44年の大日本百科辞典japonicaと48年のGENRE…2019.04.8

静養院これ凄いでしょう!2019.04.8

静養院の断食療法
昨年100年を迎えましたがこんなもの見つけました。
ちょうど50年前ですが

昭和44年 
小学館発刊の
大日本百科事典「JAPONICA」11巻
昭和48年発刊

万有百科大事典「GENRE JAPONICA」14医学
(現在とほとんど変わらない写真入り)
に断食療法として静養院の断食療法が記されているのです。

この事を考えると人間そのものはそう簡単に変化はしない!
人間をとりまく環境が激しく変化し便利になったとか簡単に楽になったという事対するに不自然に思わない人間の本能的生活が追いついていないのでは?と言う事になります。

そう言った、不自然な環境で日常を普通に過ごす限り不健康は否が応でも突いてくるのです、しかしそれをまったく遠ざける生活を営む事も又不自然で孤立しているような生活になりかねません。

断食療法の目的は自然との調和と根本的健康ですから
日常の不自然
肉体的疲労を蓄積させているとか内臓 神経の疲労など現代のストレス環境を一旦、切り離す事で心身のリセットを行うと言う事になります。

個人によってストレスが蓄積される周期や箇所も違いますが
一度心身のリセットを行い本当に健康だと言う実感を得てみてください。
断食療法は時間もかかりますが
冒頭に記したように人間の回復力や修正能力を活用する事は
注射や劇薬を飲んで一気に解消するような対処ではありません。
健康な体 精神に修正する為には少し時間がかかりますが
本質的な健康が得ることができます。