ホーム > ブログ

静養院見つかりました【断食療法ダイエット デトックス 体質改善 静養院 美肌 体質改善 断食道場 】2016.10.27

断食するとどうなる・・口で言ってもなかなか説明が難しいのですよね

 

先日、ず~~~っと探していたちちむぷいぷいのビデオが見つかりました。

静養院の体験レポートで吉本の芸人さんが約2週間身体を張って?リポートした記録です。

 

ちちむぷいぷいで20分くらい放送されてものですが一見の価値ありの情報です。

ビデオなのでなんとかDVDに焼きたいと思っています。

 

それと過去のモニター様の体験ブログも少しずつアップしていきますのでご覧いただければ

文章で、あ~だ こ~だと言っているよりよほど解りやすいと思います。

 

子猫の方はこんな感じです、少しずつ離乳食も食べ、ちょこまか動きます

 

 

静養院痩せる健康法【断食療法 近畿 ファスティング デトックス ダイエット 健康長寿法】2016.10.18

効率的なダイエットと日常的健康の持続

まずはダイエットに費やす対照的な努力はやめましょう!

そもそもダイエットしようとする人やダイエットに悩んでいる人は

常に肥る努力を積み重ねて来たのですから

結果だけを見てプロポーションが崩れた心身の異常、メタボや成人病または摂食障害

などに恐怖感や心配などを感じ痩せて結果を出そうと対処法に走っているのです。

 

結果的に目的はなんであれ痩せなければいけない状況にあるということは肥っていることは間違いないでしょうしかしそれには原因がある だから肥ったのでその原因、過食、豊食を解消、しなければなりません。

結果だけ出そうなんてしても太る痩せるを繰り返すばかりか食べてはいけない、運動を増やさなければと常にストレスを受ける人生になってしまします。

 

肥る原因は食べ過ぎ(過剰栄養)と言うことで間違いないのですが、では何故 食べ過ぎが起こっているのか言う要因が認識されていない場合が多いのではないでしょうか?

肥満は日常生活で燃焼消耗しきれないほど過剰栄養を摂取した努力の結果だと言えます。

要因とはほぼ無意識のストレスや日常的生活習慣であり個人にとっては普通、そう普通に

なっている事こそがストレスを生じ過食豊食と言った行動で解消しているのです。

 

ストレスは解消は食に向かない場合もありますがそのような場合はだいたいストレスをストレスと認識し解消方法として行動している場合が多いです。

 

「痩せるには食べなければ痩せる」これは当たり前ですが過剰な状態を正常に戻すことと

体に負担を与えるほど衰弱させていく痩せる事とは異なってきます。

体重と言う重さと肥る痩せるのサイズとは違うのです男性でも女性でもプロポーションというサイズを目的とすべきで体重に拘る事はいけません。

 

痩せると言うことはまず過剰に蓄積された過剰栄養分の消耗と過剰に働かせた内臓の休息を同時に考えることが重要です。

断食療法の安全なところはまず、何もしないという過食動物が冬眠する本能に似ています

食べ過ぎた結果、過剰栄養を脂肪として溜めこんでいるわけですからクマのように冬眠することができれば良いのです、その際はゆったりとして心身を休めると同時に肥る努力をしている間に過剰に働かせていた内臓その他も休ませることができるのです。

 

伸びきった胃袋は自然に収縮し膨張している腸なども元に戻ろうとします精神的緊張感を

緩和することで血液の循環も回復し内臓や体の隅々に血液が流れ栄養が行きとどきます。

断食中は心身を維持するために蓄えた栄養を燃焼すると同時に充分な水分摂取を行い新陳代謝を高めることで身体を守るためにデトックス効率も高くなり血中のアルコールやニコチンなどもどんどん浄化が進み内臓のリセットとなります。

 

 

断食療法は全ての部分を休息させることで心身をリセットする事が出来るわけです。

日常の不自然を感じることで都会に暮らしている方や仕事人間の方は自分の心身が

どのように疲弊しているかも解ります。

【仕事終わりや早朝、休日にガンガン運動して食事制限でどんどん痩せる、これではどんどん運動すると身体が供給を求めることを制限しストレスがたまることが理解できます、健康のための運動か疲弊のための運動かこれでは日常のストレスにに更に疲れを追加しています】

 

日常的な疲れは日常でどのように解消すべきかという方法も見えてくるのです。

断食療法終了後は休日は何かを行うことなく月に1回2回くらいは身体を休めるための

休みを作ってみる事を考える方は多いですね。

痩せる前にまずどのような食事なら体型を維持できると言う食事が先で維持できる食事が見つかればあとはカロリーを調整し自分が理想とするプロポーションを目指す、しかしプロポーションが変わればしばらく体型を維持できる食事に戻して段階的に調整をしていくことが重要で体重だけを見ると浮腫みや食べ物の重さ女性なら生理など体重変化が大きい要素に惑わされないようにしなくてはなりません。

規則正しいリズムこれは人によってい違います、1日単位でみるのではなく最低1週間を

1クールとして見たときに食事・睡眠・のバランスが取れているか銅貨を判断していくことが必要です1食や1日で見ると絶対にリズムが作れない1週間だと調整し1週間単位のバランスがとれるのでストレスも減るでしょう。

そしてサイズを把握し一定である事、重さはどうして重くなっているのか(浮腫み)・(生理前)・食べ物の重さ)などを把握することで浮腫み対策や睡眠をとる、などの調整をする事で解消することが重要です。

 

断食療法は肥満ばかりか生活習慣改善 成人病予防など病気にならない予防健康法、長寿法とも言えます。

静養院 HP http://danjiki.jp/