ホーム > 断食コラム

静養院健康な人は断食しない方が良い

【デトックス 不食 ダイエット ロハス 体質改善 体調】

何年何十年も体型も変わらず病気もしないような健康な人は断食など必要ありません 今の生活リズムを続けて行くだけで良いのです。
ただほとんどの人は自分が健康だと思っているだけで健康のために何かしているのではないでしょうか、
裏を返せば不健康であるために何かすることで健康を維持していると言う事になる。

運動をしているから健康だ!・・・運動しなければ不健康なのか?
菜食や玄米食にして健康だ!・・これも肉やケーキは食べると体調が悪くなるのか?

その他、塩分を控えているから、油物は甘い物はいろいろ控えているから健康だ・・それは取り過ぎと言う不健康だから控えなければならないのでは????

このように常に何かをしているから健康と言う事は本来、健康ではないと言う事になります!

人間は進化し便利になっている反面、自然と関係からは不自然との関係の結びつきが多くなる、そのため自然環境では起こることがなかった身体的病や精神的病が増えてきているのです。
しかも病の症状と言う表面の反応だけに対処して病の本質であるところの原因を解消する事ができません。
それは病にかかっている本人が何故このような事になったが理解できないため原因は何か、などと思う事もなく対処する事で表面上なおったと思うのである、しかし根本的な原因がそのままであれば退所した薬に耐性を持って再発するのは当然となる。
自分が健康であるかどうかは断食療法を正しく行う事で断食反応として現れるのです。
何も負荷を掛けないと言う断食療法は肉体的にも精神的にも内臓にも負担を与えることがないので自然と調和しゆったりと過ごす事で心身を本来の状態に戻そうとする力を利用であり、自然治癒力 免役力を高めてデトックス、毒素の排泄や内蔵の休息を効率よく行いすべての疲れを解消して生命力のバランスを正しく導くことができるのです。

静養院ニキビ 吹き出物や肌荒れの改善解消の断食効果

【体質改善 デトックス 断食療法 美容 休養 自然療法】

お肌の状態に厳しくなるこれからの季節は特に気になりますね。
吹き出物やニキビ 乾燥肌など肌が荒れると精神的にも憂鬱な状態になり本当は楽しい季節が楽しく過ごすこともできなくなります。
いろいろなお薬やケア商品がありそれで治る人は良いのですがいろいろ試しても一次的に良くなるだけであまり効果がないなど困っている方は一度 断食療法を体験してください。

肌の症状を外側からケアするよりもその症状が出る原因
精神的ストレスの解消
肉体的ストレスの解消
内臓のストレス解消と同時に自然治癒力と免疫力の向上によってデトックスが進みますので原因から根本的に無くすことができます。
断食効果は自然治癒が根本原因を解消して日常生活の間違いをリセットできるので副作用もなく本来の健康体に戻すことができるのです。

普通の生活において寝不足 偏食 過食 緊張 精神的肉的な不自然で不健康な認識すらないような場合その一つの症状として肌が荒れ症状が出ているのですから一度日常を離れ全てのストレス原因を解放するとほとんどの肌荒れが綺麗になります。
その際 断食反応として肌荒れの原因が表れ無意識のストレスが有意的ストレスとして認識できるのです。
退所後は日常生活に戻ると今まで原因であった無意識のストレス(残業や外食が続いた 人間関係のトラブルなど)が認識できるようになるので退所後は簡単に解消できるようになります。

静養院断食療法による鬱状態の改善

【精神的効果 心 デトックス 断食療法 美容 休養 自然療法】

ほとんどの方は3週間程度の入所で心身が非常に軽くなり改善して退所されて行きます。
その後もたまにメールなどでたりと市をしていますが考え方や受け止め方が変わり非常に生活を楽しんでいますと言う方が多くおられます。
鬱病と鬱症状はイコールではありません。 鬱症状は鬱病と違い感情を持っている人間であれば鬱は誰にでも生じることであり躁と鬱が常に正常なラインを行ったり来たりを繰り返していると言ってもいいでしょう。
嬉しいとき楽しい時の感情は躁。
悲しく辛いときの感情は鬱の状態となるのですが、何らかのストレスが蓄積され鬱状態が続く状況になり病院に行くとその症状からほとんどの場合鬱病です。
と診断されいろいろな薬で対処療法が始まります。
しかし問題なのは症状を起こす原因は何なのか 人間関係なのか、仕事の行き詰まり、
あるいは恋愛 個人のプライバシー上の問題なのかではその原因を解消あるいは改善することができれば症状がなくせるのではないかと言う事です。
対処療法薬で症状が改善できても原因が解消されてないと言う事になればまた、その鬱につながるストレスの蓄積が始まり一度目よりキツイ薬に頼る事になり依存へと変わっていく可能性も増えます。

断食療法は何もしない事でストレスの原因を断つ事です。
HPにもありますが断食療法は食だけではなく気(神経)や生(肉体)の断でもあります。
鬱に陥ってしまう原因が精神的なストレスであれ肉体的ストレスであったとしても断食と共に断自気と断自生を同時に行う事でよけいなストレスを解消し心身のリフレッシュが成功します、断食初期には断食反応が発生しますが鬱症状の方の場合はほとんどが過剰睡眠とも思える睡眠反応が表れます、これは多くの原因が周りからの精神的ストレスによる神経的な疲れがあるための反応だと思われます。

もちろん摂食障害などを伴う鬱なんかの場合は胃痛や嘔吐などの断食反応を発生する場合も有ります。
ほとんどの場合は本人が自覚できない原因が日常にあるためストレスが溜まり溜まって鬱状態となっているため先ず何のストレスを加えず自然治癒力によって心身のバランスを整えていくことが重要止まるのです。
反応が落ち着くと何故このような反応が出たかをカウンセリングしながら本人の自覚を高めストレスの早期解消や生活改善などを指導し原因その物を解消できるようになります。
何もしなくていい 誰とも会わなくてもだれにも干渉されない、これほど神経が休まることが日常ではないのです。
これこそが鬱状態の改善 脱却への早道となり薬による副作用の心配も全くない安全で健全な方法です。